« 2006年2月 | トップページ

2006年9月

27日特番ドキュメント☆

ゾロ目44才の誕生日、シャナナで四年しゃべってきて初の五時間特番【YES!We are HAPPY!!Thankyou For E.YAZAWA】

『アーユーハッピー?』のアンサー番組になればという思いを込めタイトルをつけたのですが、まさか本当に心から、タイトル通りの気持ちになれるとは…

その日は、遠方からのリスナーさんも多数来て頂き、コメンテーターには東京のマサやん。幾日も徹夜をして永ちゃんの30数年の資料も作ってくれて、前代未聞の永ちゃん一色の五時間。全曲永ちゃん。ゲスト20数名。シャナナFMではありえない事ばかりだったに違いありません。

午後12時!夢を乗せた列車は『イエーィ!』毎週金曜日の【重ヤン】の掛け声でゆっくりと発車した。

当然、みんなの夢は永ちゃんのゲスト出演だった。だけど、この時点での可能性はゼロに限りなく近かった。

特番の20日程前、企画書が出来、その企画書と永ちゃんのインタビュー依頼の手紙をYAZAWA CLUBに郵送。

三日後に電話が入った『インタビューは出来ません』原因不明の目眩で、生まれて初めて倒れた日、まさに弱り目にたたり目。悔しかった。メチャメチャ悔しかった。でも、本番終わるまではと0.01%の望みは抱いてましたが…

番組はメチャメチャ早いテンポで進んでいきました。12時半過ぎた頃には、0.01%の望みも薄れ、とにかく五時間、みんなと楽しむ事が出来ればと番組進行で頭がいっぱい。

『楽しい事やってると時間ってメチャメチャ早いねぇ』そんな事をマサやんと話してた

2時50分頃、鳴った事など一度もないスタジオの電話の着信音!

『やべぇ!何かしゃべっちゃいけない事言っちゃったのか?』クレームの電話に違いない。ミキサーが小声で何か話してる。ゲストの初武道館の思い出を聞いていた時、

ミキサーの声『矢沢さんから電話入りました!』

スタジオ内外、出演者、見学者、みんな固まる。『もしもーし』永ちゃんだぁー!!!みんな泣いてる。もちろん俺も。

三年前のレインボーの時と同じ涙。永ちゃんを信じてきてよかった。永ちゃんを好きでよかった。苦しい事辛い事を乗り越えてきたから流せる涙。みんなで開けた二枚目のドア、やはりその向こうは味わった事のない感動の世界だった。だって、永ちゃん、番組(重ヤン)聴いてるって言ってたよね。これからも応援して
ますから、頑張って下さいって言ってたよね。夢はかならず叶う!


感動は、当然さめやらぬまま、そこから残り二時間、番組は予定通りに進んでいきました。

最後、みんなで叫んだYES!We are HAPPY!メチャメチャ感動でした!
本心で叫べました!永ちゃん!本当に有難うございました!

ますます大好きになりました!素敵なオンリーワンのサプライズ、ずっ~と忘れません。

そして、またそんなサプライズがいただける様、もっともっときちんと突っ張っていきます!もちろん、もっともっとたくさんの仲間と!私たちは永ちゃんのおかげで、メチャメチャ幸せな一日でした。

※尚、この日の放送を希望される方は、MDを送りますので下記の連絡先までメールして下さい。↓↓↓
(PS.あまりに人数が多いと、送料、MD代の負担が出来ませんので、その場合は、送料とMD代のみご負担をお願い致します。)

☆連絡先アドレス(携帯)☆
 
n.shigehara-19620827@docomo.ne.jp 
注: 迷惑メール対策の関係上、パソコンから送っても届きませんので、連絡をする場合は、携帯電話からのみ、メールをお願い致しますm(__)m

44才、ゾロ目って、やっぱり縁起がいいんだって!

★N.Shigehara(ё。-)・・★

 Sigeyan2

重原直彦ホームページ http://sigehara.style.coocan.jp/

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ